場合によっては車両保険なしでいざという時は自腹で対応する、という選択肢も

最近は以前と比較して軽微な交通事故は減少したといわれています。一般的に交通事故の加害者となった場合、自賠責保険と任意保険の2種類の保険に加入する人が多いといわれています。自賠責保険はいわゆる強制保険ですべての運転者が加入している保険です。一方で任意保険は加入されることが任意とされて、加入していない人がいる一方で、加入していない人もいると言われています。多くの人が任意保険に加入する理由として、交通事故を起こした際にその賠償金が非常に高額なことが挙げられます。野球06被害者に対して高度障害などを起こした場合は、億単位のお金を賠償しなければならない必要が出てきます。また、相手が人間ではなく自動車や住宅など物の場合も近年賠償額が高額となっています。自動車もこれまで以上に高級車が開発され、その賠償額も高額となっています。一方で、任意保険で保険金を下した場合、次年度以降の保険料がこれまで以上に大きなものになるとされています。そのため、仮に事故を起こしても軽微な事故で賠償金が少ない場合は、保険なしで自腹でかかる費用や賠償金を補填する人も多くいます。次年度以降の保険料増大と自腹での賠償を天秤にかけた場合、自腹のほうが安価なためです。

コメントは受け付けていません。