免責金額の決め方

車両保険とは自分の車に対する補償のことです。相手の車に対しては対物賠償保険で支払われます。
さて、自動車保険には対人賠償保険と対物賠償保険と車両保険があります。このうち車両保険だけが賠償ではありませんので、ある意味保険金額はいくらにしようと自分が損失を被るだけですので問題はそれほど大きくはありません。
対人賠償保険ですと、下手をすると1億円以上の賠償額になることもありますので、それに比べるなら精神的にもプレッシャーは少なくて済みます。車両保険の最大補償額は自分の車の評価額の範囲内です。そして、評価額というのは保険会社が決めるものですが、その範囲内で車両保険金額を決定します。陸上02
実は、対人や対物に比べて車両保険の保険料は割高に感じるのが一般的です。ですので車両保険にはどんな事故でも補償する一般車両と自動車同士の事故のみを保険対象とする限定Aという保険があります。これは保険料を抑えることが目的で作られた保険です。
このほかに保険料を抑えるやり方として免責金額の設定というものがあります。例えば、免責を10万円としたとき、修理代が10万円までは自己負担にするという保険内容です。そして、一般的なものは1回目と2回目の免責金額を設定する方法です。先に説明しましたように、車両保険はとても保険料が高いので1回目2回目をそれぞれ10万円と設定するなら保険料はかなり安くなります。

コメントは受け付けていません。