免責金額の設定のしかたで車両保険料が変わる

自動車を所有する維持費の中でも、保険にかかる金額は大きな割合を占めています。
自動車の保険には強制加入の自賠責保険と、任意加入の保険がありますが、自賠責は、新車購入時や車検のたびに一緒に支払い、単独では支払わないため、費用としての負担感は大きくありません。
一般に自動車保険といった場合は任意保険のことを指しています。

陸上01自動車保険の保険料は、対人、搭乗者傷害、車両など、条件ごとの補償金額と、運転者自身の年齢や家族限定などの条件で決まります。
退陣や搭乗者傷害などは交通事故で必要になりますが、車両保険は、自分でガードレールにぶつかったなど、自損事故でも適用になるため、保険を利用する確率がほかより高いのが特徴です。
そのため、車両保険を付けるかつけないかで、保険料は何万も、時には10万円以上変わりますが、免責金額の設定でも保険料に影響します。
免責とは、事故の際の自己負担金額のことを言い、例えば免責5万円なら、修理代が6万円でも30万円でも、5万円までは自己負担です。
保険料を抑えたい場合、免責を5万円や10万円など大きくするほど安くなります。
保険を使うと、翌年は等級が下がって保険料が高くなるので、少額の修理なら自己負担をしてしまったほうがお得です。
それを踏まえて、免責の金額設定を決めましょう。”

コメントは受け付けていません。