自動車保険の基礎知識:車両保険と免責金額

自動車保険の項目の中で、車両保険というのがあります。
簡単に言えば、自分の車がダメージを受けた時の損害を補償してもらえる保険のことなのです。
ですから、「自分は安全運転なので、事故にあわない自信がある」という人は、必ずしも入らなければならないという性質のものではないのです。
実際に、車両の保険は補償される金額に比べて保険料が比較的高い傾向にありますので、同保険には入っていないという人も少なくありません。
同保険に加入するときの要注意ポイントの一つが、免責金額というものです。
よく、「0-0」とか「5-10」だとかいう表現がされています。卓球
免責という用語からわかりますように、同保険を使ったときに保険会社が「責任を免れる」金額のことです。
たとえば、100万円の保険金額で同保険に加入している車が自損事故を起こして、その修理代が50万円かかったと仮定します。
そのとき、もし、免責「0-0」で加入している場合であれば、50万円の修理代全額が支払われます。
「5-10」で加入している場合なら、1回目の事故であれば5万円を差し引いて45万円の支払いとなるのです。
これが、2回目の事故なら、10万円を差し引いて、40万円の支払いとなります。
ただし、全損事故の場合には、免責金額が引かれずに、保険金額全額が支払われます。